ブログ

現在のブログを掲載中。コメントは記事の下の「コメントを追加」から投稿できます。記事によってはコメント欄を終了している場合があります。その場合は、最新記事へコメント投稿をお願いいたします。
「Like」はFacebookの「いいね」です。クリックしてOKを押してください。コメントを投稿することもできます。Emailボタンからは直接メールが送信できます。

大阪へ


4月13日大阪へ行くことになりました。

大阪で私がお世話になっているスピリチュアル教会のフェスティバルに参加させていただくためです。

 

ご興味ある方はぜひいらしてください。

新大阪から徒歩圏内です。


味気ない人生


少し前に、ネットのニュースだったかと思うが吉田拓郎さんがご病気をされたと知った。

そこに、奥様の献身的な看病があったことが記されていた。どうやら闘病されていたことを吉田拓郎さんが担当するラジオで伝えると言う事だった。

 

Youtubeで探してみるとそのラジオが見つかった。簡単に内容を書くと


category: 

忘れていたことを思い出させようと


この日は、ある方のリーディングを翌日に控えていた。一日予定がなかったので、パソコン仕事など普段できないことを片付けていた。

お昼頃だったか、ふと、翌日のリーディングの事が頭に浮かんでくる。この方は男性で、リーディングで聞きたいことが決まっていて申し込まれるときに少しだけ内容を聞いていた。

通常、リーディングでは細かいことを事前に伺わずに行うが、質問内容を伺う事はある。この方の質問はかなり明確だった。

 

 


まさかこれは


先日、Hさんとの写真をご両親に送ろうかと考えているがまだ決めていないと言った。

実際にもう一度写真を見て考えよう。ご両親に送るとしても現像をしないといけない、とアルバムを広げた。

 

するとそこにはどういうわけか同じ写真が2枚ある。

何度も確認したけれど、それでもこの写真は同じだった。

 

どうしてアルバムを整理した時に同じ写真と気付かなかったのだろう?

そもそもなぜ2枚も同じ写真があるのだろう?

ひょっとしてこの写真を渡すことができなかったのだろうか?


探したけど見つからない。。。。


何年前か記憶にないのだが、確か2005年前後だったと思う。

市で開催していた英語レッスンに参加した。その時、一緒に参加していたのがHさん。男性で、私より年下。彼は、深刻なアトピー性皮膚炎を患っていたが、初めて会ったときは少し回復し行動できるようになったころだった。

英語のレッスンは短期で終わるものであったが、そのクラスの先生とHさんと私、もう一人の方が親しくなり一緒に食事に出かけたりするようになった。もう、何度出かけたのか、どこへ行ったのかもはっきり覚えていないのだが二人で会うこともあった。


西洋占星術


昨年、知り合いが信頼しているという方がされている西洋占星術の鑑定を受けた。

今までの経験で納得できるケースは多くなかったけれど、今回は納得できることが多かった。

以外だったこともあった。しかし、角度を変えてみると今まで気づいていなかっただけで、確かにそうかも。。。と思える。

 

教えることにフォーカスすると良いと言われたのだけれど、確かに今、英国で生まれたスピリチュアリズムを教えることをしている。仕事も教える仕事をしているし、非常に納得。もちろん詳細はこの方には伝えていない。


category: 

神社へ


友人とある神社へ出かけてきました。

ここは、若いカップルがよくお参りに来るそう。

パワースポットとしても知られているらしい。

鳥居をくぐると案外小さいことに驚いた。それにこの神社はなんだか明るい。願い事が恋愛成就というのが関係するのか、参拝する人たちが明るく願掛けをするからなのか?

そういった雰囲気と言うのは大切だと思う。

 

早速私もお参り。

そこを友人が写していた。


今年はもう少し書いてみよう!


このブログはもう15年あまり前からの記事が掲載されています。

新しくブログを作ることも考えましたが、タイトルを変更するのもいいかなと思い、今思案中です。

 

 

これからは、スピリチュアリストとしてもう少しかける事を書いていこうとも考えています。

愛犬たちの事がメインのサイトだからとどこかでブレーキをかけていましたが、かといって新しいブログで新しく書き始めるということには違和感があります。


category: 

あけましておめでとうございます


お正月気分も抜けた、今頃ですが。。。。

 

あけましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いいたします。


category: 

アニマル・コミュニケーションとリーディング


久しぶりにアニマルコミュニケーションについて。

 

 

虹の橋を渡った子のアニマルコミュニケーションでご依頼者の方のお身内の方が出てこられることがあります。出てこられるのは亡くなられたお身内の方です。

不思議なことだと思われることが多いのだけれど、実は自然なことです。以前も、亡くなられたお身内の方の横にペットちゃんがいましたが、この時も愛情あふれたリーディングでした。

 

 


ページ