ブログ

現在のブログを掲載中。コメントは記事の下の「コメントを追加」から投稿できます。記事によってはコメント欄を終了している場合があります。その場合は、最新記事へコメント投稿をお願いいたします。
「Like」はFacebookの「いいね」です。クリックしてOKを押してください。コメントを投稿することもできます。Emailボタンからは直接メールが送信できます。

学びを続ける


先日、学んでいる団体のスピリチュアル・ワークに参加。

久し振りに先生にお会いし、いきなり

「もうペットは飼っていないの?」

と言われた。生活のパターンで行くとなかなか決心がつかない、と答えた。「君、ペットカフェとか合ってると思うけどな」と言われ、ちょっとだけその気に。他の参加者の方も顔見知りの人がいてお店に来てくれると言ってくれた。全く予定はないけど(笑)

先生は私がアニマル・コミュニケーションやりたいとか、そういうことは覚えていてくれてそんな話題を振ってくれるのだからうれしい。。。

調子こいて


さくら散る


感傷にしたりたくなる時期が「さくらが散る」とき。

あんなにきれいに咲く花が地面に落ち、色が変わり、朽ちていく。ため息はダメと言われるが

「あ~ぁ、散ったか・・・・」

と落ちている花びらを見ると口走る。

でも、同時に来年の準備をしているだなぁ、と感動もする。

 

 


category: 

Good-Bye Wave


飛行機が離陸するとき、飛行機の整備士の方たちが手を振ってくれるのを、Good-Bye Waveと言うそう。

私は飛行機に乗るときは可能な限り窓際のシートを選び、このGood-Bye=Waveを見る。その光景がとても好きで、離陸するんだな、という実感と無事なフライトを、という思いで陸地を後にする。

 


category: 

久し振りのリメイク


ビーズの消臭剤を入れる容器が欲しくて作ってみた。

プラスティックのピーナッツバタークリームの容器をベースにレースとかボンドで貼り付け完成。

早い、簡単、面倒なしの三拍子。

下のレースはかなり幅が広くて案外扱いにくい。上の方は他のレースで隠れてしまったのでせっかくの幅広レースがもったいない。次は有効に使ったリメイクを考えよう。

製作費=無料

使用目的=消臭剤容器

 


今日は誕生日

sakura

今日はさくらの誕生日。

生きていたら・・・と思う事は少なくなったけれどさくらの花を見るとやはり一緒に花見に来ただろうな、と思う。

 

「さくら~」

と呼んだらこんな風に振り返ってほしい。

と、時々思う。

 

でも、今もこうしてさくらを想うほど大好き。

愛してるよ~!!!!


category: 

祖母

ジュディー

久し振りに祖母が夢に出て来た。

-----

私は恭平と一緒だで、祖母の住んでいる家に行く。すると親戚が集まっていて、祖母がもてなしている。恭平を見つけた祖母がお水とご飯をあげると言い、忙い中五版を用意してくれた。恭平は美味しそうにお水を飲みご飯を食べる。

-----

 

という、日常にありそうな光景の夢。

祖母は3匹の中で恭平しか知らずジュディーが家族になった時には天国に行った後だった。以前から祖母と恭平は同じ夢に表れる傾向があるが、祖母が恭平を可愛がっていたからだろうか。


こんなこともあるんだ・・・・


何年振りかに会う友人との会話。その席には高校生の息子さんが同席していた。

母「受験に向けて部屋を模様替えしたいわ」

息子さん「そ。ドラムも捨てたいし。」

私「は? 今何と?」

息子さん「え? ドラムを捨てるって。。。。部屋を広くしたいからさ」

私「ドラムってどんなドラム? 楽器?」

母「楽器以外に何があるの? それよりあなたドラムやってるの?」

私「そう。最近始めたのよ」

母「あげる。持っていって!!!!」


category: 

春ださくらだ


気付けばさくらの季節。

花を見に出かけるのが年中行事の中に入っていたが、一人になってからは逆に落ち着いて花見ができないことに気付いた。

そこで、昨夜、歩いて買い物へ行き夜桜を見て来た。

ライトアップしているわけではないが、月と交差点の光に照らされとても綺麗だった。

 

今日の一枚

毎年出かけた花見に半強制的につき合わされたジュディーとさくら。

 


category: 

パワスポツアー第一弾


お友達とパワスポツアーへ。

パワスポツアー第一弾で行った滝の見えるカフェで頂いたおにぎり。

写真2枚目の定光寺は曇っていたけど、最後に行った滝では青空が。全てのツアーを終了したところで雨がパラパラと。
夕飯を皆で一緒に食べるときには本降りに。ところが、夕飯を食べる所は駐車場が1階で屋根がある。全員がツアー終了するまで雨にもぬれず。

本当に良い一日だった。

 

 


福岡のメモ


福岡の〆として

「勉強のために訪れたんだけど、色々な経験をした。

出かける前にメールで問い合わせたバス会社の人がわざわざ電話をしてきてくれて詳しく案内してくださり行きたいところすべてクリアできて、
出発の飛行機で見知らぬタラップを上るときに「持ちますよ」と、荷物を持って飛行機まで運んでくれた。


category: 

ページ