コメントを追加

思い出す初めての体験2

私は北、母は南、と別れて歩き始めて探したが、確かに草むらがある。道も南北にある。というか、南北にしか道はない。どうしておばあさんは来たこともないこの場所の南北の道を指定したのだろう。草むらがあるのがどうして判ったのだろう。一番の疑問は母と一緒に行け、と言ったことだった。

どれ程進み、草むらを探したか分からないが見つからずにあきらめて戻っていくと母が遠くの方から手を振っている。よく見るとお腹に何かを抱えている。

「あったよ!!!!! これでしょ? 買ったばかりでほとんど覚えていないバッグだけど新しいから間違いない。もう一つバッグがあったけどこれは知らない人のでしょ?」

と言うではないか。洋服の下に隠していたバッグを他人に見られないように取り出した時に驚いた。確かに私のバッグだったのだ。こんなことってあるの? 母は言われたと入り草むらの中でこのバッグを見つけたと言う。そしてすぐ隣に黒いスポーツバッグのようなものがあったがそれもきっと盗まれたものではないかと話した。私のバッグの中身を確認すると、何一つなくなったものはなかった。確かおばあさんが

「じぇんぶ出てくる」

と言っていたのを思い出した。緊張なのか何なのか判らないが体が少し震えた記憶がある。

どうであろうと見つかったことに安堵し、その足で警察へ行き、もう一つのバッグも届け帰宅した。

 

 

 

少ししたら母がおばさんの所へお礼に行って来いという。こういう時はお供えが必要だと言われ、神様だろうと思われる方ににお供えするためお菓子を買って、おばあさんの所へ行った。私の事を覚えていてくれたかどうかは記憶にない。ただ、事情を話すとおばあさんは

「そりゃよかった。出てきたか?」

とニコニコしながら一緒に喜んでくれた。

で、当然のようにとくるっと神様の方へ向き石と会話し始めた。耳を澄ますがおばあさんに返答する声は私には聞こえない。

「この方がお礼にきておらっしぇる。カバンが出て来たと喜んでおらっしぇるでな。まことにありがとうごじゃいます。。。。。」

としばらく話こんでいた。またくるっと私の方へ向き

「お礼に来てくれる人は少ないじゃが、わざわざ来てくれて喜んでおらっしぇる。これからもちゃ~んと見ておってくれるでな。よ~来てくだしゃったなぁ。そりゃそりゃ、良かったでねぇ。」

と言うのだが、だから誰が?

 

 

これは、今考えると神秘体験としては初めての経験であった。当時、私はそういうことを信じているかと言われれば信じていなかった。というよりそういう存在がいるという事を考えたこともなかったしほとんど知識としてはなかったように思う。占いといカテゴリーは知っていたし興味はあったのでせいぜい占いの延長戦程度ではあったかもしれない。

次回、この方の事とその後の私の経験をもう少し説明しよう。

Plain text

  • 使用できるHTMLタグ: <a> <img> <em> <strong> <cite> <blockquote> <code> <ul> <ol> <li> <dl> <dt> <dd>
  • ウェブページアドレスとメールアドレスは、自動的にハイパーリンクに変換されます。
  • 行と段落は自動的に折り返されます。
画像
ファイルは 1000 MB 以下のサイズでなければなりません。
利用可能な拡張子: png gif jpg jpeg
CAPTCHA
コメントをされる方は以下にチェックをお願いします。