アニマルコミュニケーション

アニマルコミュニケーションは、今一緒に暮らしている子たちはもちろん、亡くなった子たちともコミュニケーションをとることが可能です。

その中で、今一緒に暮らしている子とのコミュニケーションの中でいくつか紹介できそうなことを掲載していく予定です。

 

*名前、住所など個人が特定できるものは判らないように掲載しています。

 

通常は、ペットちゃんのお写真をお借りし、依頼者から質問を受け取ります。情報は少ない方が良いので、質問の中に「この子は甘えん坊でいつも私と一緒にいて離れることはないです。寝るときも私と一緒にお布団で寝ていて、寝る位置は私の右側と決まっています。ところがなぜか廊下で寝ています。それはどうしてか?」と、その子の性格や、詳細な事が書かれているよりは、「いつもは布団で寝ているのに、急に廊下で寝るようになりました。それはどうしてか?」とシンプルな方が良いです。

応えてくれるときには「あぁ、なるほど」と思えるのでこれが質問の答えだなと、判るのが通常です。

 

では実際のコミュニケーションから、面白い例を一つ。

私の師匠でもある方の飼っている犬のKちゃんです。

通常は質問に対して答えてくれるのですが、この子の場合は急に質問と関係ないイメージを送ってきてくれました。

それが、何の前触れもなく、突然「肉球」って(笑)

何か意味があるのかもしれませんが聞いてもKちゃんからの回答はナシでした。

質問と関係があるのかもわかりません。

飼い主さんは師匠でもあるので、「肉球」に心当たりがなくてもご自身でKちゃんに聞くこともできるため何か意味があるか探ることにしました。

すると、「寝ている時の肉球の匂いが好きでよく嗅ぐんです」と回答を頂きました。

 

きっとKちゃんは匂いをかがれてるのが不思議なのかもしれません。

飼い主さんが普通にしていることでも、ペットたちの側からすると不思議だったり、気になったりすることがあるんだと思います。

 

そういうことを主張してくる子もいるのだと、勉強にもなりました。

 

今日の一枚。

気に入らないことは私が気付くまで主張する。

それが可愛いのだけれど。

 

 

blog tag: