父・叔父・母のこと

父、母、叔父に関するブログ

 

------------------
古い記事は月単位で掲載しています。
サイトのテーマが変わります。

------------------

説明は?


数日前に見た夢。

 

どこなのか判らないが、薄暗い部屋にいて男性と話している。

私がその男性に「説明してほしい」と言って、男性の答えを待っている。しかし、男性は何か答えているようだがその内容を覚えていない。説明を求めた内容は、母の病気の事だった。

それだけの内容だった。

 

 


叔父の事


少し前に叔父からメールが来たが、その時の内容に

「入院していた。初盆なのでそちらへ行く予定だったが行けそうにない。よろしく伝えてくれ」

と記されていた。

父は長男茨城の叔父は三男で、次男も昨年亡くなっている。母とその次男の初盆にはこちらへ来るつもりでいたらしい。近いうちに叔父の所へ行こうかと計画していたが、叔父から電話があった。

「体重が減ったが医者が笑っているだけで何も言わない。血圧が100以下になっても笑っているだけで何も言わない」

と力のない声で言うが、不安を口にするのは珍しい。私は叔父の不安に同調し


母と通信(メッセージ6)


母は入院13日後、旅立った。あっという間すぎて、今も現実味がないほどである。

生活も心も空洞ができてしまい、埋める方法も見つからないまま時間だけが経過していた。ふと、母と通信を試みようと思い立った。正直な所、母と通信すると言うのは他人事で聞いている間は興味深いが自分が体験するとなると、どこまで期待をしてどこまで信じられるのか判らなかった。それでも、Tさんにお願いをした。

 


メッセージを受信(メッセージ5)


入院翌日、母の余命が一か月と言われる夢を見た。参考ブログはこちら。夢の内容が現実になると予知夢などと言われるが、予知夢を見た事実を重要視すると未知なる力を持っているのかと騒ぎたくなる。しかし、それよりどうしてその夢を見たのか、という事を重要視する方が大切ではないかと思う。私には母との確執を解消すると言う課題があり、そのためにはあまり時間が残されていないというメッセージだったのだと考えた。


さらに悪化 (メッセージ4)


9月、さらに母との関係が悪化するある出来事が起こった。

8月のリーディングのときに「お母さんとは距離を置いていい」と言わていたこともあり母と離れる決心をした。たださくらをどうするのか、それを考えると迷ってしまう。でもこれ以上無理をして自分を抑えていても何も変わらない。離れることで逆に関係が良くなることもあるのではないか?

が・・・・

どうしても家を出るための状況が整わない。そのまままま時が流れた。

 


見えなかったことが見えてくる(メッセージ3)


最初にカテゴリーを「それでも愛せますか」にしたのだけれど、どうしてもしっくりこない。

そこで「メッセージ」とすることにした。

 

 

では、続きを。

 


始まりは5年前だった。(メッセージ1)


ずっと迷っていたけれど、母の確執の事やリーディングの経験と実際の事をメモ代わりに書いていくことにしました。カテゴリータイトルは「それでも愛せますか」にしました。そのため、スピリチュアル的なことを望まない方はこのカテゴリーの記事を読み飛ばしてください。
もし、母親との関係で苦しんでいるとしたら少しだけ参考になることもあるかもしれません。

********--------********--------

 


捨てるものと捨てないもの


母が入院して母の先の短さを知った時、ふと考えたのが「母の荷物」だった。


category: 

夢の中で告知を受ける


母が入院した翌日見た夢。

 

「あと一か月」

 

それだけだった。誰の姿さえもなくただ声がしただけなので夢と言えるかどうかは判らない。でもその声とその内容ははっきりと記憶に残っている。

 

 

その翌日、主治医から電話があり

「あと一か月持つかどうかと言うほど状況は深刻です」

と言われてしまった。

でも驚かなかった。その夢の声が伝えた内容は自分の中では真実になるというか、確信していたと言うか・・・・

「本当に一ヶ月なんだ・・・」


病院で道に迷う


今朝、見た夢。

++++

病院に入院している様子。病院内を移動していたとき道に迷った。自分の部屋に戻りたいが戻れない。何度も同じ道を通るが目的地にはたどり着けない。

この時、一度目を覚ました。ただ、はっきりと目を覚ます前に「これは良くない夢だ。何としてでも目的地へ着くように続きの夢を見ないといけない」

とぼ~っとしながら考えている。実際に目を閉じてその夢の続きを見た。


ページ