グリーフ・ケア

死別の悲しみを癒す本


海外の死生観と、日本のそれでは違いがある。当然と言えば当然だが。それらを含めて、まず最初に死について考える事が必要であろう。

学んでからと学ぶ前では悲しみの度合いや質が違ってくるだろうと思う。しかし、普通は積極的に学ぼうとはしない。死に対して消極的であるからだろうが、その消極的な部分は死別の悲しみを一人で抱える事にもつながっている気がする。

いくら死生観を学んだからと言って死別の悲しみや苦しみがなくなるというものではない。しかし、乗り越えなくてはならないものであることも事実だろうと思う。

 


NHKスペシャル <シリーズ東日本大震災> 「亡き人との“再会” ~被災地 三度目の夏に~」


亡き人との再会の経験を取材した番組。

NHKより抜粋

~~~~~~~~

被災地で今、「故人と再会した」「声を聞いた」「気配を感じた」といった“亡き人との再会”体験を語る人が後を絶たない。
体験した人たちを尋ねていくと、そうした体験は、「故人に一目会いたい」「死を受け入れたくない」「自分だけ生き残って申し訳ない」など、悲しみの現れであると共に、遺された人たちの生き方にも影響を与えている事が分かってきた。


天国からの“お迎え”(NHK)


天国からの“お迎え”~穏やかな看取り(みとり)とは~

をNHKで放送された。私は見逃したが「放送まるごとチェック」で放送した内容すべてテキストで読むことができた。一部は動画でも見れる。こちら

--------


愛は死を超えて―亡き妻との魂の交流


妻の死後もコミュニケーションをとる夫の書いた著書。

著者のフィリップ ラグノー氏は本も出版されている方だからか、文章は読みやすい。思ったより多くの人が死別による悲しみや後悔から離れられずに心の奥にそれらを隠しながら暮らしている。そんな方たちに、読んでほしいと亡くなった妻は望んでいる。『祈ること、信じること』が死者との対話に不可欠だと言う。それを心のどこかに感じながら読むといいかもしれない。


グリーフ・ケア


グリーフ・ケアとは別名、悲嘆ケアとも言われる。

子どもだけでなく、配偶者、親、友人など大切な人を亡くし、大きな悲嘆(グリーフ)に襲われている人に対するサポートのこと。

~~~~~*****~~~~*****

グリーフ(grief)とは英語で(死別などによる)深い悲しみ。悲嘆。苦悩。嘆き。を意味します。それらを乗り越えるためには時に一人で苦しむより、誰かの力を借りることで良い結果につながることもあります。


なくす悲しみとなくした悲しみ


何かをなくすと判っていると、悲しいし辛い。何とか無くさずにいられるようにと、懸命になる。懸命になればなるほど「なくすかもしれない」という苦しさからある程度逃げられる。そして「なくすかもしれない」と思えば思うほど、一生懸命になることの大切さを知る。闘病であれば生きている今という時間の大切さを知る。抱き合い、手をつなぎ「一緒に頑張ろう」と支えあうことの喜びも知る。そこにいてくれる、という事だけで幸せを感じたりもする。


very merry Xmas!!!!


クリスマス・イブになると思い出すことがある。

父が発病してから始めて入院した日の事だ。あの日の父の表情は今でも忘れられない。

ふと、父に届くはずはないが、手紙を書いてみたくなった。

 

「父へ

前略

そちらではどんな生活をしていますか。

私は元気にしています。

それより、お父さんが今元気にしているのかが毎日気になっています。


悲しい出来事


ポ○トさんの奥様の訃報を聞き、辛い気持ちになった。

その反対に掲示板に来てくれている方たちも、お悔やみとポ○トさんへの暖かい言葉を書き込んでくれた。それは同じ悲しみを感じている辛さを感じたが、同時に皆さんの心に心が温まる思いがした。

同じような時期に同じような体験をした皆とは割と長い付き合いで、励まし、いたわり、思いやり、優しさ、などとても沢山のものを頂いた。本当に素晴らしい友を得たと感謝している。

本当に皆さん、ありがとう。


悲しいということ


先日、父の同級生が亡き父に会いに来てくれた。お供えを大事そうに持って来てくれたその姿はお元気そうで安心をした。

この方達は父が発病をしてからその方たちは時々父に会いに来てくれたが、その時からずっと私の事も気にしていてくれる。時々おはがきを頂いたり、こうして顔を見せに来てくれるということは、とても嬉しく思っている。新しい友達が出来た気持ちにすらなる。年齢を考えると友達と思うことは失礼に当たるが、それだけ友好的で暖かい人たちだ。


辛い


ビグさん、かもみーるさんのお父様が旅立たれた。お二人の悲しみを考えると、辛い、悲しい、苦しい、などの気持ちが押し寄せる。

しかし、お二人にとってはよくないことかもしれないが、あんなに一生懸命にお父様のさせになってこられた姿に感動を覚えている。

運命という言葉があるなら、その避けられない運命を前にして人がどれだけのことが出来るのかと思うことがある。天災などの被害にあわれた方々もその運命の被害者とでも言うのだろうか?

しかし、その運命に対抗できるとしたら、人は支えあう、愛情を与え合う事なのかもしれない。