ペットロス

ペットロスの処方箋


 


商品備考: 

自身の経験が書かれているが、誰もが陥る可能性があるペットロスになるまでの過程のことが書かれている。ただ、ペットロスにどう対応するかの記載は多くない。なので、実際にペットロスだと感じている方がどのようにその状況を抜け出すかという実践的な記載は思ったより少ない。

ペットロス関連の著書にはこの本以外にもペットロスにの人とどう接するかが書かれているが私にも経験したことがあり納得できる部分があった。

著者は獣医師でもあるので、獣医師との接し方が書かれているがこれは参考になった。

 

ペットロス―家族動物の死を看つめて



商品備考: 

ペットたちと別れる様々なケースについて書かれている。その他、子供たちがペットと別れたときのこと、安楽死についてもあるが、ペットロスにどように対応するかといことだけではなく、扱う範囲の広い本だと思う。

ペットロスを癒やしてくれるということが大きな目的の本ではないと思うが、例えば偶発的な事故などでペットたちと生き別れて自分が罪悪感を感じている場合などには一読してみるとよいと思う。

 

 

ペットたちは死後も生きている



商品備考: 

いくつかのペットや動物たちと人間との間にあった話を読むうちに、ペットたちが死後も生きていると言う事を受け入れ癒やされていく。

もし、ここに書かれているペットたちのいる世界を想像できたなら、その同じ場所に亡くなった愛するペットたちもいると想像してみるといい。悲しみに暮れていたのに、いつの間にか暖かい空気に包まれるのが判る。

この本は、ペットたちだけのためではなく、愛する人を亡くした人たちにも読んでほしいなと思う一冊である。

ペットが死ぬとき―誰も教えなかった別れの意味



商品備考: 

​本の紹介。以下の「ペットが死ぬ時」はタイトルが少し強い印象を与えるのですが、中身は実際にペットが死ぬ時の事が書かれているわけではありません。

ペットを亡くし、不思議な体験をした人の話などが多く掲載されています。その他、シルバーバーチの霊界通信の中から動物に関することが記載されています。
著者のシルビア・バーパネルはモーリス・バーパネルの夫人です。モーリス・バーパネルとは古代霊のシルバーバーチの霊媒だった人です。霊界通信になじみのない人でも、この本にまとめられた動物に関する通信を読めば大体どのようなことか理解できるようになると思います。

 

天国にいったペットたち



商品備考: 

第5章ぐらいまでは、動物の歴史などに書かれているが少し長いので期待した内容とは違うと思うかもしれない。

その後は沢山の体験談をもとにした内容などがあり、ひょっとしたら似たような事例に出くわすかも。

霊能者として活動されている方なので、そういった目線から書かれている。