スピリチュアル

久しぶりにスピリチュアル・シリーズ


実は、数ヶ月前にあのスピリチュアル・リーディングを受けてきた。
江〇さんのやってるあれだ。
とにかく急に思い立ち予約した。って実は色々な迷いなどがあったからその気になったというのが正しいのだが。。。。
 

早速、リーディングの様子を・・・・・・・
亡くなった私の身内数人などが出てきて、メッセージを伝えてきたのだが予想外な人も出てきた。実際には人ではなく亡くなったマルチーズのナナちゃんだ。犬だからなのか特にメッセージはなったが祖母が抱いているという。


大渋滞


GW中、東方面へ出かけることにした。途中までは順調だったのだが、有料道路を降りた途端に渋滞。
普通は有料道路が空いているなら一般道は大丈夫と思うのだが、完全にはまった。

様子を見ながら途中まで走ったが、渋滞は延々続いている様子。他に抜け道はないようで、ナビも他の経路を探さない。このままでは目的地にいつ着くか判らない。


ちょっと怖い話

公園のジュディーとさくら

実は今日のことなんだけれど・・・・

散歩のために車で公園に出かけた。時々行く所で、神社の下にあるちょっと広めの公園、という感じの場所だ。何故かあまり人が来ないので、好んで出かけるのだが。。。。


安楽死と言われて


あれは恭平は動物病院で「あと数日」と言われたときだったと思う。
「苦しむようなら安楽死を」と獣医師に言われた。

この言葉はショックで自分の記憶から消したいほどだった。
恭平を抱きながら帰り、私が恭平を苦しめているのかという疑問さえ持った。
しかし、恭平が言葉を話せるとしたら「安楽死させてくれ」と言っただろうか?

 

これは、今も答えが出ていない。今、ジュディーとさくらが高齢になり恭平と同じ場所へ行く日もそう遠くないだろう。その時、同じ事を言われたら・・・・・・・

 


スピリチュアリズム


最近は、スピリチュアルという言葉を当たり前に聞くようになっている。

しかし、一体スピリチュアルって何だろう?
これほど曖昧で意味の掴みにくいものはない、って思っていた。そこで、スピリチュアルの意味を調べていた。
その時、「動物は人間と違い死により全て消滅する。人間は死んでも魂が残る。しかし、可愛がっていたペットは死んだ後に飼い主が来るのを待つ」と説明されたものを目にした。

バカバカしいと思われる方も多いだろうが、少しお付き合いを。

 


連理木


前に話した木の枝が途中でつながり一つになるという木は、連理の枝と言うのが判った。

楊貴妃に関しても参照すると色々な話が出てくる。

一つの枝が二本の木をつなげ、栄養を共にするというのは神秘的でもある。
二つの木は更に強く、共に支えあうようにも見えてくる。

とにかく、縁結びにはよいらしいので又チャンスがあったら行ってみようと思う

 


なんという事だ!!!!神は私を見放したのか・・・


五日恵比寿へ行ってきた。
毎年この五日恵比寿も賑わい、午前0時のお参りを目安にかなりの人が集まる。
私も5日の午前0時に恵比寿さまの前に立つ予定だった。


がーーーーん


またおみくじが大吉だった。。。。。

以前、6年連続おみくじ大吉記録を出したことがある。
大吉は上しかなく次は下へ行くと言われることから吉を切望している。
そのため、数年前の話だが、大吉が出たときにそのおみくじは今月分、という事にしてもう一度おみくじを引いた。すると、同じ番号だった。。。
つまり同じ大吉が連続して2回出たという記録も持っている。

で、今年ひいた、その大吉のおみくじの内容に気になるところが・・・・
「恋愛 表面だけ用心せよ」
だと。

ど~ゆ~意味?


神社


神社で手を洗うところを手水舎(てみずや)というらしい。私はずっと、つくばいだと思っていた。ちなみにつくばいとは、お茶室に入る前に手を洗う所のことである。茶道と神様では同じはずがないわけだ。。。。


あの時の真実


妙に恭平のことを思い出す今日この頃・・・・・

4年の月日が経つのだけれど、それでも恭平は私にとっては大切な愛犬で、必要な存在なんだな、って思う。

 

自分のホームページに記録として残した中で、一つだけ書かなかった”あの時の真実”がある。

 

最近は、スピリチュアルなどという言葉が流行ってきて、時々私もそのような番組を見ることがある。そんな今だから言ってもいいのかな、という気になってきて”あの時の真実”を少し書き残してみようと思う。

馬鹿らしい、と思いながら読んでください。


ページ