スピリチュアル

メッセージを受信(メッセージ5)


入院翌日、母の余命が一か月と言われる夢を見た。参考ブログはこちら。夢の内容が現実になると予知夢などと言われるが、予知夢を見た事実を重要視すると未知なる力を持っているのかと騒ぎたくなる。しかし、それよりどうしてその夢を見たのか、という事を重要視する方が大切ではないかと思う。私には母との確執を解消すると言う課題があり、そのためにはあまり時間が残されていないというメッセージだったのだと考えた。


さらに悪化 (メッセージ4)


9月、さらに母との関係が悪化するある出来事が起こった。

8月のリーディングのときに「お母さんとは距離を置いていい」と言わていたこともあり母と離れる決心をした。たださくらをどうするのか、それを考えると迷ってしまう。でもこれ以上無理をして自分を抑えていても何も変わらない。離れることで逆に関係が良くなることもあるのではないか?

が・・・・

どうしても家を出るための状況が整わない。そのまままま時が流れた。

 


見えなかったことが見えてくる(メッセージ3)


最初にカテゴリーを「それでも愛せますか」にしたのだけれど、どうしてもしっくりこない。

そこで「メッセージ」とすることにした。

 

 

では、続きを。

 


始まりは5年前だった。(メッセージ1)


ずっと迷っていたけれど、母の確執の事やリーディングの経験と実際の事をメモ代わりに書いていくことにしました。カテゴリータイトルは「それでも愛せますか」にしました。そのため、スピリチュアル的なことを望まない方はこのカテゴリーの記事を読み飛ばしてください。
もし、母親との関係で苦しんでいるとしたら少しだけ参考になることもあるかもしれません。

********--------********--------

 


さくらはお母さん

さくら

スピリチュアル・リーディングを受けたときのことなど少し書いていこうかなと思う。

何度かリーディングを受けているがその中で思わず拍子抜けして笑ってしまったことがある。

「あなたはさくらを面倒みていて、さくらのボスのつもりでいた。しかし、さくらは自分のことをあなたのお母さんか下手したら孫ぐらいの感覚で見ている」

というのだ。


ジュディーが遊ぶ

さくら

今朝見た夢。

ミディアムである知り合いが、出てきて私に言う。

「あそこにあなたの愛犬たちがいる」

でも私には見えない。いるのなら見えるようになりたいんだけど、って言うと

「今から見えるから、そこをじっと見ていて」


椿大社と大吉


椿大社へ出かけて来た。初めてだったけど行けてよかった。


おぜんざいと亡母

さくら

私は案外おぜんざいが好きだ。小豆と砂糖という組み合わせに感動を覚えるのである。

ガメラ(亡母)に「あずきからぜんざいを初めて作った人は天才だ」と言ったら

「お前はアホか? そんなことを考えて食べる人はいない」

と毒を吐かれた。

 

さくらを

「こんなに可愛い子はどこにもいない」

と言ったらガメラは

「お前はアホか。あほらしすぎて話にならない」

と毒を吐かれた。猛毒である。


エンジェルナンバーか?


車のナンバーで333というのを見た。ここ1か月で2回目。エンジェルナンバーか? と思ってしまう。

ちなみに、エンジェルナンバー「333」の意味は

「アセンデッド・マスターたちがあなたのそばにいます。 そして彼らの手助けと愛があり そばにいることをあなたに知って欲しいと願っています。 アセンデッド・マスターたちをたびたび呼んでください。 特にあなたの周りで数字の3のパターンが見えたときはそうです。 よく知られたアセンデッド・マスターたちは イエス・モーゼ・マリア・観音・それにヨーガナンダなどがいます。」

だと。


謝罪

さくら

さくらに対する謝罪とは。。。。。

 

 

詳細は心の中に留めておきたいが、必死に看病をしていたつもりでいたのにそれがかえって自分を追い詰めることになった。それが自分に対して自己嫌悪と責める気持ちとなって返って来た。

その後、何度もさくらを抱きしめ誤った。

その気持ちが通じていると信じたい。が、一連の流れの中でもう一度リーディングを受けた。そこで言われたのが

「あなたのせいではない。でも自分(さくら)のせいでもないって言ってます。薬が強すぎて制御できなかったって」


ページ