鳥のペンギン


木曜日ののアンビリーバボ。

オーストラリアのある家族のストーリーでした。

 

怪我で半身不随になった女性。

小さいお子さんと旦那さんに支えられるのですが、やはり本来の自分を取り戻すまでにはいきません。 誰も見ていない所で誰にも言えない苦しみを吐き出しています。

そんな中、一羽の鳥を保護します。つけた名前はペンギン。 ペンギンは女性になつき常に一緒にいるように。

そんなペンギンに辛いことなども含め話しかけていたそうです。

 

私は彼女が言う言葉にハッとします。

「私がペンギンの面倒をみているようで、逆にペンギンが私の面倒を見てくれていた。素直に愚痴が言えるだけで心が軽くなったわ。」  

ネガティブよりはポジティブがいいのは当然ですが、愚痴をこぼすことってネガティブなだけなのかな?とふと考えています。

少し前は「辛いことがあったら吐き出して」と互いに愚痴をこぼし合っていた気がします。

「聞いてくれてありがとう」

と言い、前に進めてもいた気がします。  

 

 

この女性ですが、次第に明るさを取り戻し、活動的になる様子を旦那さんはカメラにおさめます。

カメラを構える旦那さんの暖かさも伝わる写真の数々。  

 

自然に帰って行ったペンギンが戻って来たのは長男君の誕生日だったそうです。

愛とい言葉以外適当なのが見つかりません。  

 

書籍化されてるけどアンビリーバボが取り上げたからか、品切れ中。

 


オープンサークル開催予定


3月29日にオープンサークルを開催致します。

2回目です。

瞑想を主にした勉強をすることで、心身共にリラックスできる、そんな内容にしたいと思っております。

ご興味ある方は直接連絡を頂けると幸いです。

 

場所は名古屋から電車で約30分で、駅を降りたすぐのビルです。

今回は午後からです。時間は13:10分スタート、16:50終了です。

 


ペットショップの店員さん


この日はイオンに行ったついでにペットショップに立ち寄った。
いまだペットを飼うか迷っているのだが見るだけならタダ。
ガラス越しに必死に食らいついて子犬を見ていたがふと背後に気配を感じる。トイプードルを抱っこした店員さんが立っていたのだ。
抱っこするだけならタダ。
店員さんが言う。「だから抱っこしてみて。可愛いから。」


こんな顔で


美味しいタルトのお店ができて、でも並ばないと買えない。

並ぶのは得意ではないが、この時は閉店に近い時間だったためかそれほど並ばずとも買えるのが判った。

 

このチャンスを逃すと多分、食べるチャンスもないだろうと、並んでみた。


category: 

御神木


昔住んでいたところの神社にある御神木。

よく愛犬たちと来ていた。

春には桜も咲く綺麗な所で、私にとっては落ち着く場所。

今は判らないけど、子供のころはお相撲さんも来ていて、一緒に写真を撮ったりした。

今住むところからもちょっとあるが歩いていける距離なので、時々出かける。

 

 

この日は久しぶりだったし、圧倒されそうなこの樹齢300年の大木の近くでしばしたたずむ。

こうした時間もたまにはいいね。


category: 

そんなに訴えないで


お友達の家のネコCちゃん。

警戒心が強く私が家にお邪魔しても中々姿を見せてくれなかった。

いつも、伺う前に

「今から行くからね。お顔を見せて。お友達になりたいから」

と伝えていた。

すると、伝わっていたのか次第に触らせてくれるようになった。

ある日、お邪魔しているときにノートパソコンを使う必要が出てきた。ノートパソコンの上にはタオルがかぶせてあるのだたそこにこのCちゃんが座って私たちの会話に入っている。

どうやらどこよりもこのパソコンなのかタオルなのか、どちらかがお気に入りのようだ。


category: 

わ~! 


愛犬恭平は言わずと知れたあぶない刑事のユウジ役をやられた柴田恭兵さんから頂いた名前です。

何度もここで触れているのでくどいかもしれませんが。。。。

 

映画は必死ぶりだったけど劇場に見に行った映画が今日、夜に放送されるようです。

楽しみ!


category: 

頂いた!


可愛くて食べるのを躊躇。

 

ケースも可愛くて何に使おうか思案中。

 


category: 

近所っていうより隣


去年の12月から顔の湿疹が出て、治らず。

そんな先週の日曜日の朝、起きたとき顔に違和感が。鏡を見たとき

「誰?」

と言ってしまうほど目を中心に腫れあがっていた。

翌日には腫れは治まりつつあるものの、やはり病院へ。

 

酒さという診断だった。

 

薬局でクスリを処方してもったのだけれど、塗り薬が処方箋にない。なのでクスリは出せないと薬剤師さんが言う。

そんなはずはないのだが、薬剤師さんは「明日、家に届けます」と言ってくれる。


category: 

フェルト バッグ リメイク


しばらくかかってしまったけど、やっと完成したのがこちら


category: 

ページ