ミスドのカルピス


先日、ドラムの先生のライブへ参加してきた。

その前に、友人とミスドで待ち合わせしてお茶。

 

 

方向感覚に問題がある私は、念のためミスドはどこか駅員さんに聞いた。

「駅を出て右へ」

との指示通り歩くが、一向に見つからず。逆方向を教えてくれた駅員さん、次回は正しいのをお願いします。

 

で、遅れることしばし。ミスドでカルピス注文し、両替を兼ねて一万円で清算。

「すいません。お釣りがありません。後ほどお釣りを準備してお席に持って伺います」


category: 

色々整理していたら自分の宝物が


母宛ての年賀状の整理をしていたら、ジュディーの子供の里親になってくださった方からの年賀状が出て来た。

懐かしくて見入ってしまった。

ついでに、リビングの書棚にあるジュディーの出産の記録と里親になってくださった方の住所録を一つにまとめたノートに久しぶりに目を通してみた。

すると、ノートの終わりの方に私のメモを発見。

題に「現実の私の人生」 「願い事リスト」  「手放すものリスト」  「宝物リスト」とあり、そこにいくつかのリストが書いてある。が、書いたことさえ記憶にない。。。。こんなこと書いたんだ、と半ば他人事のように感じる。


ナビは狂うのか?


スマホナビって狂うことがあるのか?

 

友人と岐阜県へ行ったときの事。ナビを使わないドライバーの友人に変わり私のスマホナビを使うことになった。

所が、目的地を入力したくてもスマホが反応しない。ナビは何とか動いているようだが。変わって違う友達が見てくれたら普通に表示されている。

何かがおかしい。。。。

少し時間が経過してから画面をみてみると私のいるところは一色町。

「これってどこ?」

「愛知県だよ」

「今私はどこ?」

「岐阜県だよ」


category: 

母の代弁


ここの所、間違いなく夢の中で恭平、ジュディー、さくらと会っている。

ただ、内容を全く覚えていない。喜んでいるのか悲しんでいるのか、嬉しいのかという感情もほとんど覚えていないが当たり前のことのように3匹に会っているような感じがする。

 

 

夢と言えば、数日前に母の仏壇にお参りに行ってきた。

訳があって簡単には仏壇にお参りできない状態になっていて、やっとお参りできたのだ。その時、母の15歳からの友人のHさんも一緒に出掛けた。

仏壇を目の前に、泣き崩れた。


category: 

やっと解決


ブログでエラーが出たりして直すのに随分かかったけれど、サーバーさんのサポートで解決。長い時間がかかったのだけれどひとまず安心。

サーバーさん、ありがとうございました。

もし、閲覧していてエラーが出た場合はお知らせください。

 

 

 

梅雨の真っただ中。雨は少なく愛犬たちがいれば「散歩できるね」と喜ぶところだなぁ。。。と思いながら庭を見てみる。

この間抜いたはずの雑草が伸び放題。

しばらく格闘が続きそう。

 

 

 


category: 

有松絞

有松の街並み

オバマ大統領を出迎えた方の来ていた有松絞の着物が、先日絞祭りで飾られていました。

産経フォトより

http://www.sankei.com/photo/daily/news/160525/dly1605250036-n1.html

 

 

絞祭りへは初めて足を運んだのだけれど、絞りのイメージが一変。とにかく綺麗。


category: 

エンジェル・デイ 終わりに


私達は”また来こよう!!!”と手を振り海を後にした。


category: 

エンジェル・デイ 雑感


茶道を一応していた私は、お茶の席が好き。

精神的な落ち着きと、よどみのない心が茶杓からしたたる一滴に表される。

私にしてはできすぎて綺麗な表現だけれど、それ以外の表現方法ができないのも事実。

 

この日は友人たちとお茶ができた。

掛け軸を拝見し、茶花を楽しみ、御香入れの美しさに感動。

お軸は「和顔愛語」お坊さん著。季節のお花に、季節のお菓子。アジサイが美しい季節だとお茶席から気付かされる。


category: 

パワーみなぎる太陽


海では時間を忘れてしまうぐらいだった。

久し振りにカメラも楽しむことができた。こうして楽しそうな二人を写していると、愛犬の写真以来、改めてカメラの楽しみを実感。


椿大社で


海ではしゃぐ前、最初に到着したのは椿大社。

 

写真は写さなかったけれど、別宮・椿岸神社でも参拝。実は、海へ行く予定はあったが立ち寄りたい所があれば寄りましょう、ということになり別の友人が椿大社の名を挙げた。私もどこか行きたいとこを探そうかと思っていたが挙げる前に椿大社と決まっていた。普通、意見を聞いて、と思うところだがでも、これ、行くべきして行く場所だったのだと思う。それに大体、椿大社はまた行きたいところだから問題はない。

 


category: 

ページ