その他

今日は最悪


午前中から親友のあ~やとお出かけ。午後からもあ~やと一緒に行動を共にする予定だった。しかし、午前中の予定がちょっと詰まってしまって、ランチをゆっくりする時間が無くなった。

そこで、目的地の途中にあるラーメン屋さんで食べることにした。所が、店の前まで来るとお休みだった。もう一軒先にあるラーメン屋さんに行く事にした。すると、今度は満員。仕方ない、時間もないし隣の喫茶店にしよう。所がお休み・・・・・


category: 

四葉のクローバー


一生懸命に探して四葉のクローバーを見つけたKちゃんが、その中の5枚を送ってくれた。非常に嬉しかった。お手紙も頂いてこれもまたとても嬉しかった。人間は我侭に出来ていて、身近な幸せをおろそかにし、遠くの幸せを望みがちだと思う。私はその我侭な人間の代表で、隣の芝生はいつも青い。そして、自分の芝生だって多少は青いということを忘れる。四葉のクローバーが届いたとき、そのクローバーはとても青かった。Kちゃんの気持ちがそのクローバーに映し出されていて、隣の芝生なんて屁でもないほど青かった。自分の芝生はもちろん、青々としていて隣の芝生に負けていないと、実感させてくれた。ありがとう。


category: 

無料


H・Pがダウンしてしまってアクセスできない状態になっていた。やはり無料のH・Pスペースではこういうことが起こりやすいのだろうか。

初めてH・Pを作ったとき、力を入れていなかった。闘病中は日記の代わりにしていて、それが現在の闘病記なのだけれど、あんなに長くなるとは思わなかった。それに、H・Pもここまで続くとは思っていなかった。なので、最初に無料のスペースを借りてスペースは変更になったり増えたりしたが、無料のスペースのまま今まで来ている。


category: 

万博


昨日は愛知万博へ。

念願のマンモスを見てきた。なんとまぁ、毛も生えてるとテレビで放送されていたけれど毛が生えていた。当たり前か。。。。。しかし、不思議な気持ちになったのは本当だ。たった1分半程しか見ることが出来ないが、このマンモスはここに来るまでの間に一万年以上という月日を超えてきている。生を持ってはいないが、それでも迫力あるあのマンモスは実在したと教えてくれる。今までは架空の動物であり本当に存在したかどうか判ったものではない、などと疑い深い私は思っていたが「本当に実在したんだ」というショックも受けた。


category: 

最近


知り合ったお友達が、私のH・Pを見たいと言った。実は私は友達には誰一人としてこのH・Pを教えていない。恥ずかしいのだ。

何が恥ずかしいかというと、長い話になるので割愛するがとにかく恥ずかしい。

しかし、恭平専用H・Pを教えることにした。検索で探していると聞いたのだが、わざわざ探す手間を考えると、検索にわざわざ時間を割くことがその友達に申し訳なく思えてきたのだ。

そして「見た」と報告をもらった。小犬たちの写真を見て「可愛い」と言ってくれたのだ。写真などは綺麗ではないが、それでも可愛いと言ってもらえると非常に嬉しい。


category: 

とんでもない


最近は運命に突き放されたのか、ろくなことが無い。今日はとんでもない失敗をした。財布を落としたのだ。それも母の財布を。母を迎えに行くことになっていて、財布をもってこいと頼まれていた。ばたばたしていたら時間になってしまい、慌てて財布を上着のポケットに入れ、愛犬と共に出発。母と会い第一声が「財布持ってきた?」だ。私は「持って来たよ」とポケットに手を入れた。が、見当たらない。おかしい。きっと家に置き忘れてきたんだと、その時はそう思った。しかし、確かに家の中で財布をポケットに入れた記憶がある。が、「それは間違いだろう。きっと置き忘れたんだ。」と自分に言い訳をした。


category: 

なんか変


パソコンの不調が続いていたのに、何時の間か調子が回復。なだか機嫌がいいらしく止まらずに動いてくれている。気まぐれとはこのことだ。

今度こそ買い換えようと思うと調子が治る。調子が悪いと、おたんちんパソめ!!!!と頭にくるが、調子がいいと、いい子だねぇ、となる。パソコンにおちょくられてるようだ。


category: 

意思が弱い


今年の目標はなんだったか?と思い出す事も出来ないくらいに忘れ去っている。

確か早寝早起きだった。。。。。。。

非常に私は意志が弱いので、朝目覚ましが鳴っても消して寝る。で、もう一つの目覚ましはなったことすら知らずに寝ている。これではダメだ。一体どうしたら早寝早起きができるのか?


category: 

今日は暖かい


まるで春のような一日だった。お陰で大変だった。というのも、さくらは毎朝庭に出て今日の天気を確認する。今日のように暖かい日は、お昼ごろからソワソワして私の周りをまとわりつく。そして、とにかく「散歩へつれて行って」とアピールする。犬が言葉をしゃべらなくて助かったと思う瞬間でもある。これがしゃべるとしたら「散歩へつれて行って」を連発するだろう。


category: 

星の砂


母が沖縄のお土産で欲しいものがあるかと聞いたので「星の砂」を頼んだ。いつもはお土産は何もいらないと答えるが、ある番組で星の砂を砂浜で探しているのを放送していて、実物が見たくなったため頼んだ。現地から発送をしたので今日その星の砂の現物が届いた。

小さなびんに入った星の砂はとてもきれいだった。そのびんには「幸せの星の砂」とシールが張ってあった。


category: 

ページ