看護に活かすスピリチュアルケアの手引き

1 スピリチュアルペインの概念 
-本書で使用するスピリチュアルペインの枠組み 

2 スピリチュアルペインのアセスメントとケア計画の立て方 

3 スピリチュアルペインを和らげるための日常的なケアの工夫 

4 事例で学ぶスピリチュアルケアの実践 

5 スピリチュアルケアにおける医療者の備えとケアの視点 

6 スピリチュアルケアとしての援助的コミュニケーション 

7 スピリチュアルペインに関する研究から学ぶ 

8 スピリチュアルケア提供者のセルフケア 

と、スピリチュアル的な痛みに対するケアを重点に書かれた本。

 

 

 

がんの患者の方たちの痛みには肉体的、心理的、スピリチュアル的なものがある。どの痛みもケアされるのが一番だと思う。しかし、スピリチュアル的なケアについてはある程度の認識や知識がないと何をどうするのか分かりにくいと思う。そんな時に役立つ本だと思う。

その他記事は『カテゴリー/flower』 

「父」 参考書籍」 グリーフ・ケア」 情報(cancer)」 他」 

​でご覧ください。

この記事のカテゴリーは: 

コメントを追加

CAPTCHA
コメントをされる方は以下にチェックをお願いします。