2004年8月

8月28日
明日からちょっと旅に出る。 今日は早く寝よう。 車でお出かけなのだが、久しぶりに私の車を使うことになった。 もう古い車だから、今日は点検に出してきた。 結果は合格。 古いけれど殆ど使っていないので、たいして痛んでいないらしい。 父がくれた車だから今では形見になってしまったけれど 大切にしようと思う。 そうそう、出かける前に洗車しよう。 叔父は10日ほど連絡を取っていないけれど、どうしているか心配。 旅行から帰ったら連絡をしてみるつもり。

8月27日
昨夜さくらの寝言で目が覚めた。しばらく続いた寝言にさすがのジュディーも目を覚まし、 さくらの口元の匂いを嗅ぎ始めた。すると、さくらはその気配に目を覚ましたが、目の前にいたジュディーにかなり驚いた。 きっと寝ぼけていたのだろう。そのまま、目を閉じて寝た。 ジュディーちゃんは迷惑だったに違いない。変な寝言を言うさくらが心配だったし目は覚めるし、でもさくらはさっさと寝てしまったし。 私も同じだ。目が覚めた。今日は早く寝よう。

8月25日
今日は楽しかった。久しぶりに公園へ犬’Sと行った。 そこで夏休みの子供、小1妹、小4兄の子供たちにつかまった。 しかし、異様に人懐こい子供たちで、私について離れない。 公園のシーソーがしたいとまでせがまれた。 ついつい調子に乗って、私+犬×2 対 子供、25キロ+35キロで対決。 どっちが勝ったという問題は次にするとして、 何より楽しかったのが、この年でシーソーに乗れたことだ。 子供に戻ったような新鮮な気持ちでヒジョーに楽しかった。 が、目を放した隙に私の某ブランドのサングラスを小1妹が掴んで遊んでる。 思いっきり「あなた、これ高いのよ。指紋つけないでよ」 と言った。この子は 「3千円?」と切り替えした。 あっぱれ小学生のパワーには勝てない。

8月24日
夏もそろそろ終わりの準備に入ったのだろうか? 夜は涼しくなり、熱帯夜が殆ど無くなった。 しかし、相変わらず雑草は元気で雨が降るたびに伸びてくる。 明日こそ雑草抜きをして、かもみーるさんのお勧めのミックスフラワーの 準備をしよう。 最近、さくらは寝るときに早く2階の私の寝室へ行こうと催促する。 私がお風呂から上がって何をするかを知っていて、その様子をじっと 観察し、2階へ上がるときには置いていかれないように抱っこをせがむ。 ジュディーは階段を上がれるが、さくらはヘルニアをしてから 自分で階段を上ってはいけないと思っているらしく、毎回私が抱っこをして2階へ上がる。 もう、ヘルニアも治ったし自分で上がって欲しい。 階段を下りるときもヘルニアをかばって抱っこをして降ろしていた。それに ヘルニアをきっかけに怖くなって降りれなくなったと思っていた。 ある日、お客さんが来たときどうせ降りれないと2階へ置き去りにした。 ところがさっさと降りてきた。演技なのか、甘えているのか何かわからないけれど はっきり言って私はさくらにだまされた気がする。

8月21日
今日はお祭りへ行ってきた。疲れた・・・・ でも、ずっとそういうにぎやかな場所を敬遠していたけれど、皆の明るい笑顔を見ていて ちょっとパワーを頂いた気がする。 恭平の子供のお母さんから電話があった。その子供が胃の手術をしたらしい。 それは、大した事は無く今は元気にしているらしい。でも、このお母さんは 恭平の子供をものすごく可愛がっておられて、その愛情がありありと伝わってきた。 恭平を亡くして悲しいばかりだったけれど、恭平が残した子供はこうして 愛情を一杯注がれ、幸せにしていると思うと、とても嬉しかったし 恭平の元気な頃の姿を思い浮かべて、初めて笑顔が出た。

8月19日
Happy Birthday to Me!!! 誕生日おめでとー!!!! Hさんと私は同じ誕生日なので Happy Birthday Hさん!!!

8月16日
夕飯のお買い物へ、明日から珍しく連休を取ると言うスーパーへ行ってきた。夜9:00まで営業しているので、8:00に行った。 強盗にあったのか? と言うほどきれいにあさってあった。欲しい野菜は殆ど買えず。 ジュディーとさくらのご飯のお肉もこのスーパーでいつも調達しているが、ごっそり消えていた。 明日の2匹のご飯が無い。参った。 大々的にバーゲンをするのにこんな遅くに行くのが間違っていたのだろうか? 又明日、スーパーへ行かなくてはならない。 あ~あ、ため息・・・・

8月15日
日は本当は出来上がっためがねを取りに行くはずだったのに、すっかり忘れた。 明日取りに行こう。 柔道の谷選手が、金メダル2連覇。 勝利に対するこだわりと、強い信念。そして前向きな努力。 人はここまで強くなれるのかと、感動をした

8月14日
母の実家はお盆なので、お参りに行ってきた。愛犬も連れて行ってしまった。叔母の飼っているちわわも来ていた。母がちわわのおやつをうちの子にあげたら、ものすごい勢いでちわわが怒った。ジュディーがそれに反撃。さくらは逃げた。食べ物を前にすると性格が出るのは人間でも犬でも一緒だと思った。新たな発見でもある。 茨城でお世話になったI氏からお盆のお供えの巨峰を頂いた。父はすごく好きで、この時期にはいつも食後に食べていたのを思い出した。父が元気であったなら今も巨峰を喜んで食べていただろうと思う。I様、ありがとうございました。 それから、父の会社の元従業員が忘れずにお参りに来てくれた。 こうして、今私の周りにいる人たちは忘れていた父の思い出を思い出させてくれる。父がいないのは悲しいけれど、こういう方達にいつも私は救われる。 父へ 今日は、従業員のYさんと、私の師匠のI氏がお供えをしてくれました。 Yさんは元気でいます。辛い時期に父が自分の会社に雇ってくれたことを今でも感謝しているそうです。あなたとYさんが一生懸命に仕事をしていた頃の事はいまでも私は覚えています。暑くて大変な時期に、文句を言わずに働いてくれた頑張りやさんです。これからは私たちがこの方を見守っていきます。安心してください。 そして、私の師匠のI様は今日あなたの大好きな巨峰をお供えに送ってくれました。どうしてあなたが好きだと知っているのか驚いたけれど、きっとあなたは食べたかったのでしょうね。私が気がつかなかったので、しびれをきらしてI様に頼んだのかと、疑ってしまいました。 叔父さんは、手術が成功したけれどまだ体力は回復していません。きっとあなたの一番仲が良かった叔父なので、心配が多かったと思います。でも叔父も頑張ると言っていますし、私も出来る限りの事をしますので、どうかそちらでは安心してゆっくりと休んでください。 それから、恭平は元気にしてますか? 悲しいけれど、あなたと恭平が並んで座っていると想像すると、とても安心ができます。これからも恭平をよろしく。おじいちゃんにもよろしく伝えてください。 あなたの娘より

8月3日
昨日と今日は雑草取りに専念。腰痛が悪化。いい事ナシ。 明日はお友達とお買い物の予定。 ウインドゥ・ショッピングで ストレス発散してこよう。

その他記事は『カテゴリー/flower』 

「父」 参考書籍」 グリーフ・ケア」 情報(cancer)」 他」 

​でご覧ください。