おすすめ本

動物たち、アニマルコミュニケーション、小説、しつけなどの本をピックアップして掲載。いずれも私が目を通した本ばかりです。全ての本を一覧でご覧になる場合は”本一覧”

犬たちをおくる日―この命、灰になるために生まれてきたんじゃない



商品備考: 

愛媛県動物愛護センター職員の方たちの日々を通して、犬の殺処分が現実として実感させれられる。​

辛い部分もあるが、学ぶべきことはたくさんある。

 

あのボタンを押すとき、きっと辛くて仕方ないのだろう、亡骸を見たときに耐えられないだろう、などと思っていた。しかし、ボタンを押すその指に、亡骸を最後に手に取るとき、愛情をもって接しておられると知った。

 

野良犬トビーの愛すべき転生



商品備考: 

一匹の犬が転生を繰り返していく。小説。

動物の目線で書かれていて、時に笑い時に関心や感動させられる。フィクションであるが、自分の愛犬とトピーの悪戯を重ねあわせ、思わず笑ってしまったり、ふと見せるしぐさに深い愛情を改めて感じたり。。。。

英語のタイトルはA Dog's Purpose.    納得のいくタイトルです。Purpseの意味は「目的」。

涙はもちろんですが、深いものを感じずにはいられません。

転生にある深い絆と結びつき、そして愛情を感じたとき、その子たちと出会ったことが偶然ではないと感じます。

犬から聞いた素敵な話 涙あふれる14の物語



商品備考: 

14の短編が一冊にまとめられている。

今、ペットを飼っている人、別れを経験した人、病気のペットの介護をしている人、どの人が読んでも”キズナ”を感じるストーリーばかり。

本のストーリーのどれか一つを、例えば自分の身近な所で聞いたとしてもおかしくない。それを改めて物語として読んだときに、深くこころに伝わることがある。そんな心に伝わる何かが自分を暖かくしてくれる、そんな気がする。

 Amazon ベストセラー商品ランキング で ペット > 犬 のカテゴリーでも1位になった。

動物と話せる女性 ハイジ



商品備考: 

自伝的内容になっています。どうして彼女が有名になったのか、この本を読むと、”なるべくしてなった”のだなと感じます。 私も最初はテレビで知りました。その中で見るハイジは当たり前のように会話をしている姿が流れていますが、本の中からは時には数時間も動物たちと向き合ったり、時に通じなかったりといった姿も見えてきます。私達もじっくりと動物たちと向き合うべきだな、と改めて教えられます。

ペットが死ぬとき―誰も教えなかった別れの意味



商品備考: 

​本の紹介。以下の「ペットが死ぬ時」はタイトルが少し強い印象を与えるのですが、中身は実際にペットが死ぬ時の事が書かれているわけではありません。

ペットを亡くし、不思議な体験をした人の話などが多く掲載されています。その他、シルバーバーチの霊界通信の中から動物に関することが記載されています。
著者のシルビア・バーパネルはモーリス・バーパネルの夫人です。モーリス・バーパネルとは古代霊のシルバーバーチの霊媒だった人です。霊界通信になじみのない人でも、この本にまとめられた動物に関する通信を読めば大体どのようなことか理解できるようになると思います。

 

ペットはあなたのスピリチュアル・パートナー



商品備考: 

ペットとの出会いから別れまでの様々なことが書かれている。内容はシンプルなので初めての人でも読みやすい。

インスピレーション訓練カードが付録についている。8色のカードで裏には色の意味が書いてある。ペットにカードを見せて反応を見て反応を示した色がペットの感情を表す、というもの

シルバーバーチの霊訓



商品備考: 

シルバーバーチの霊訓は全12巻

ローレン・マッコールのアニマル・コミュニケーションの本



商品備考: 

本の内容の通り学ぶとアニマルコミュニケーションができるように手順が書かれている。

本には誘導瞑想という言葉で書かれていないが、似たような事をするため一人では実践しにくい部分があるのが難点。一部、コミュニケーションの内容も例題として書かれている。

その他こちらも出ている。

老いゆくペットと幸せに暮らすための40の心得



商品備考: 

ペットと出会って、判れるまでのことについて書かれている。著者はサラリーマンだったが出家して僧侶になりペット霊園をやっている方。実践書に分類したがペットロスなどに関することや思想的なことも書かれている。

今のペットと出会ったことは偶然ではないことや、不思議な話なども書かれている。

その話の中で「私もそうだった」という事があった。それは恭平と初めてペットショップで出会ったとき、抱かせてもらったのだが、異様に大人しかった。「こんな大人しい子ならいいわよね」と言う私に、お店の人は「・・・・・そうでもないですよ。。。」と一言。

ペットのことばが聞こえますか―動物語通訳体験記



ページ