愛すべきペットたち

動物たちに関する気になるニュースや情報をピックアップ

獣医師が答えてくれる無料のペット健康相談Q&Aサイト


ペットの健康に関する情報です。

 

 

だいじょうぶ?マイペットはペットオンライングループのペット健康相談Q&Aサイト。全国の動物病院を検索することもできます。

症状別や病名から検索したり、獣医師に質問したりもできます。

獣医師に質問するには会員登録(無料) が必要です。


まるで私を見るようで


これから朝が冷えて、布団をかぶり抜け出せなくなります。

そうでなくてもこの気持ちよくわかる。。。


動物は何を感じ何を思うのか   TED


私がたまに見るテレビ番組の放送からです。

 


捨てられた子猫  Mira


まるでヒーリングをしているかのような優しい手。

元気になった子猫にはMiraという名前が付けらられたみたい・・・・


犬に名前をつける日  映画


犬の幸せはどんな人と出会うかで決まる。 犬たちの現実を知ったとき、私はカメラをまわしはじめた。名前のない犬たちと、彼らを­救い出す人々を描いた、感動のドキュメンタリードラマ。10月31日(土)シネスイッ­チ銀座他にて全国順次ロードショー。

 

犬に名前をつける日

 

 

 

 


美しい


種を選ばないのが本当の愛ですな。

癒やされる動画です。


レスキュー


随分前に母の愛で愛すべきペットたちに記事にした方を日本のテレビ番組でお見かけしました。

保護している様子は見たことがあっても、実際に話をする姿はどんな方なのだろうか? と思っていました。番組では1匹だけの保護の様子を写していましたが、かなり多くの犬を保護する様子がyoutubeにアップされています。

そのいくつかに”どうしてこの犬たちはエルタッドさんに心を開くのだろうか”と思う場面が沢山あります。捕まえられたくないと暴れていてもエルタッドさんが優しく接したり話しかけるとなぜか落ち着き、心を開いていきます。

優しい、という簡単な言葉では表せない雰囲気はどこから来るのでしょう? 

 

サイトの中に

「動物は、痛み、愛、喜び、哀悼と損失を感じる感覚のある存在です。」

という言葉がありました。

 

 

保護の様子の一例のビデオです。

 

Hope for Pows youtube  (保護の様子)


飼い主が倒れた時、助けを呼ぶ?


 

最後の災害救助犬はやっぱりすごい。


夢之丞


殺処分寸前だった夢之丞(ゆめのすけ)。

人の手により捨てられたのだろうか。。。。。人を信じられず怯えていた夢之丞が災害救助犬になっていく。

 

 

 


親友 デナリ (Denali)


愛犬デナリが天国に旅立った後、写真家のベン・ムーンさんが作ったビデオ。デナリは動物保護センターで引き取った犬だった。ベンとデナリは自然を楽しんでいたが、ベンが癌になる。闘病中、デナリが付き添ってくれた。その時の写真もビデオで見ることができる。

癌を克服した後、今度はデナリが癌に。余命1か月と診断され、残りの時間をデナリと自然の中で過ごす。今までもそうだったように。

ビデオはベンがデナリ視線でナレーションを入れている。

「大切な親友にさよならを言うのは、そう簡単なことではない」

と言う。

 

 

 

ベンは僕が死ぬことを分かっている。

それが癌のせいなのか、それとも他の理由によるものなのかは分からない。今、僕はベンと一緒に、これまでに行ったことのある全ての場所をまた訪れている。

ベンはしきりに僕の体を観察してくる。僕の様子を気遣ってくれているんだろう。そして、こないだ僕にこう言った。「行く準備ができたら、教えてくれよ」と。僕に苦しい思いをさせたくないとも言った。

ベンと一緒に生涯を過ごせて本当に楽しかった。

彼は写真家だ。都市にいるのはあまり好きじゃないらしい。だから、僕らはいつも旅をしていた。彼の友達に言わせると彼は「自由な精神」の象徴みたいなものだという。


ページ