スピリチュアル

私が本当の意味でスピリチュアルに関心を持ち始めたのは「可愛がっていたペットは死んだ後に飼い主が来るのを待ってくれる」という記事を読んだことがきっかけでした。しかしそれまでには長い時間がかかっています。まず、その辺りをお話しようと思います。

愛犬の恭平が元気な頃、このホームページを始めました。完成する前に父と恭平は闘病を余儀なくされます。そのため闘病の記録も掲載し始め闘病の部分を分離し姉妹サイトの「癌・ギランバレー☆闘病記」というサイトにしました。

当初、「ダックスの恭平とその家族」というタイトルで楽しいペットとの生活を紹介しながら、動物に対する愛情を知ってもらいたいという思いを持ってサイトを作っていました。次に姉妹サイトの「癌・ギランバレー☆闘病記」では、愛する人たちを支えるために必要なのも愛情だと知ってもらいたい気持ちで記録を残していきました。結果として愛するものを亡くたのですが、その時味わう喪失感や、悲しみ、辛さから立ち直るためや、乗り越えるために必要なものは何か・・・・という事を最終的にサイトで書きたいと思っていました。

しかし、必要なものが見つかりません。父と恭平は2ヶ月の違いで旅立ったためか、しばらくの間喪失感、悲しみ、辛さを押しのけて前を向くことができずにいたのです。何年経過しても、悲しみが小さくなることはあっても自分が求めていたものが見つからないのです。それより、運命を呪い、悲しみを与える天を憎みました。一体どうしてこんなに悲しく辛く寂しいのか。。。。。

それでもいつしか悲しみは思い出という形に姿を変えつつ日々の生活の中に共存していくようになります。しかし、一つだけ私にはずっとこだわっていた事がありました。それは、恭平の遺骨の一部をまだ手元に持っていたことです。このときすでに7年が経過していました。

ペットの納骨には色々な方法があるようですが、私にはどれもしっくり来なかったのです。そして、ある日知人に「恭平のお骨がまだ手元にある」と言ったとき「だから恭平君は成仏できないんだ」と言われました。かなりショックでした。

私は恭平とは十分過ぎるほど愛情を感じあい、そして絆は深いと自信を持っています。なのに全てを打ち消されるような気持ちになったという感じだったのでしょう。それに私にとって成仏できないという言葉は、冷酷で非情な態度が原因だったり、天国に旅立てずに苦しんでいるというようなイメージの言葉でしたので辛くなったのを覚えています。

それがきっかけで、「恭平にとって最高の場所」をみつけてから埋葬しようと考えはじめます。ネットで「ペットを埋葬するのは森の中」と知れば山を登り、父の眠るお墓はどうかと調べ、いっそ庭はどうだろうか、と迷いました。

そんな中、ある会で「ヒーリング」をしてくれる事を知り出かけました。正直言ってこのときの参加理由は体調が悪かったのもありますが、どんな癒しを受けられるかという興味のようなものです。

そこで霊性を開花するためのクラスもあると知り、参加してみることにしました。おかしな事ですがこのクラスに参加してみると、恭平の本当に望む場所が見つかるのかもしれないという感じがしていたのです。クラス当日、初めての参加者に対し「どうしてこのクラスに参加しようと思ったか」と聞かれる場面がありました。他の参加者の皆さんはスピリチュアルに関して勉強をしていたり、霊感があったり、長い間クラスに通っている方がいたりと、私とは別世界でした。そんな中で私の参加理由を答えていいものか。。。。

「愛犬の埋葬場所を見つけたいのです」と正直に答えました。

「今あなたの横に来ていますよ」と先生が答えたのです。

私は涙を止めることが難しかったです。

私の元に来てくれているんだ。
私のそばに今もいてくれるんだ。
それだけじゃない。恭平は今も私と深くつながっている・・・・そう確信した瞬間です。その日の帰りの地下鉄の中で私の足元にそっと暖かい空気を感じたのです。間違いない。恭平の魂は今も私の近くにいる。。。。。。

それでもこの時点ではスピリチュアルが目的ではなく、恭平にとって最高の眠る場所を選ぶためにすぎません。しかし、しばらくこのクラスに通うことを決心したのです。今思うとそれは恭平の事意外にもっと違ったものを感じたからかもしれません。

何もスピリチュアルについて知らない私は、スピリチュアルの基本などが書かれた本などを読むように薦められ時々目を通すようになりました。その中に「可愛がっていたペットは死んだ後に飼い主が来るのを待ってくれる」と書かれているのを見つけたのです。そしてもう一つ「可愛がられたペットは生まれ変わることもある」とあります。

それがきっかけで、スピリチュアルを正面から見つめることになります。

     Next → 再会

BOOK〜
本の紹介。以下の「ペットが死ぬ時」はタイトルが少し強い印象を与えるのですが、中身は実際にペットが死ぬ時の事が書かれているわけではありません。
ペットを亡くし、不思議な体験をした人の話などが多く掲載されています。その他、シルバーバーチの霊界通信の中から動物に関することが記載されています。
著者のシルビア・バーパネルはモーリス・バーパネルの夫人です。モーリス・バーパネルとは古代霊のシルバーバーチの霊媒だった人です。霊界通信になじみのない人でも、この本にまとめられた動物に関する通信を読めば大体どのようなことか理解できるようになると思います。

序 リンダフ・ハーガビー(動物保護協会初代会長)
1章 死後にも生命と生活がある
2章 “思考力"をもつ動物たち
3章 “道理"を弁える動物たち
4章 “人命救助"で勲章を授かった動物たち
5章 動物の第六感の不思議
6章 動物にもテレパシーや霊視能力がある
7章 交霊会での死後存続の証明-客観的(物理的)な場合
8章 交霊会での死後存続の証明-主観的(精神的)な場合
9章 動物たちは人間の愛を忘れない
10章 心霊写真による証明
11章 さまざまな体験
12章 霊界からの計らい
13章 死後はどうなるか
14章 古代霊シルバーバーチに聞く
15章 人間-この身勝手な動物
16章 霊的知識が要求する新しい道徳観
おしまいに
バーバネル夫妻のこと――あとがきに代えて

虹の橋を渡った子たちからのメッセージを聞きたい。そんな方に向け、アニマルコミュニケーションを行っています。詳しくは以下のページで。

アニマル・コミュニケーション 受け付けについて





Share |