ペットの魂と偶然

 あなたがあなたのペットと出会ったことは、偶然ではないはずです。ペットショップにはとても沢山のペットたちがいます。その中の一匹の子に一目ぼれをしたり、なぜだかその子だけに惹かれたり、ペットに興味がなかったのにたまたま立ち寄ったペットショップに運命の子がいた、などいう話は経験した方も多いと思います。他にも、保護した子の里親になったり他の人が飼えなくなって自分が新しく里親になったということもあるでしょう。そういう時は偶然ではなく、運命的な出会いを感じるものだったのでは?と思います。

 その子との生活を通して学んだこと、知ったこと、経験、そしてその子から受ける愛情などは想像以上に多いはずです。もし、”この子”と出会っていなかったらどうだったでしょう? もし違う子と出会っていたら違ったものを学び、違うことを知り、経験も違っていたでしょうし、その子なりの受愛情を受けていたはずです。 ”この子”とはやはり会うべきして出会い、繋がるべくして繋がった絆を感じ、最高の愛情をお互いに持ったに違いありません。これは偶然出会ってたまたま家族になったというのではなく、何かしらの意味があり、何かしらの力が働いていたに違いありません。

 特に、人間同士の関係でいう例えば夫婦間であればより幸せになるようにしばらく付き合い、相手を知ることにつとめます。ではペットたちとの関係においては? というと、家族になる前にお付き合いをして相手の事を深く知る、などということはしません。それよりまず自分の家族として迎え入れるのが普通です。このように私たちとペットたちを結びつけるものが、偶然という瞬間の出来事ではなく、その後経験する絆や愛情を育む相手になるように会わせてもらったのではないか? そう思えば何かしらの法則が働いていると考えるのはごく自然なことだと思います。

 少しペット以外に視線を向けると・・・・
 自然の世界は循環していて、きちんとした法則があります。どれだけ残暑がきつくても秋は必ず来ます。どれだけ寒くても夏はやってきます。これは誰も壊すことのできない力です。更にもっと広い場所を見ると天体というものもきちんと計算されて一瞬の乱れもありません。もし、ほんの少しでも乱れたとしたら全てが狂い今の地球すらないのかもしれません。
 そんな天体の一つの星である地球に私たちが存在し、ここに生まれ、ここに生きているという事実はこの天体の動きの中で何かしらの力や法則の力を借りているのではと想像することもできます。

 生命活動も自然の中の一つで、生まれてきたからには必ず死を迎えるという摂理になっています。その中で数え切れないほどの多くのペットたちの命があり、たった一つの命があなたと出会い、家族になり、深い絆と愛情の関係を作っていきました。これは偶然ではなく、自然の力・・・天体の力というべきかかもしれませんが、そういう法則の元に出会うべきして出会った命だったに違いありません。

 自然の活動の中でもう一つ避けられないのが別れです。愛すべきペット達と別れることも又、偶然ではないはずです。 どうして今? どうしてこんなに若く? どうして?・・・・・ などと考え辛くなります。でも、それは必ずどこかに何かの法則が働いています。別れることは辛くて寂しくて打ちのめされるほどの深い悲しみをもたらすこともあります。それでもやはりその法則は必ず働いています。

 ただし、一つだけここに追加するとしたら、”ペットの魂は今もあなたと共にいる” ことも同じ法則なのだということです。あなたのペットの魂とあなたをつなぐものはこの法則がある限り切り離すことはできません。

     Next → ペットの魂と十戒

BookBook〜
自伝的内容になっています。どうして彼女が有名になったのか、この本を読むと、”なるべくしてなった”のだなと感じます。
私も最初はテレビで知りました。その中で見るハイジは当たり前のように会話をしている姿が流れていますが、本の中からは時には数時間も動物たちと向き合ったり、時に通じなかったりといった姿も見えてきます。私達もじっくりと動物たちと向き合うべきだな、と改めて教えられます。


目次
1 私が「見えるもの」「感じるもの」
2 これまでのリーディング例(1)動物にもある複雑な感情
3 人は皆、動物の気持ちがわかると思っていた子ども時代
4 私には何か不思議な能力がある…。
5 カレッジ卒業後、カリフォルニア・ハイウェイ・パトロール警官に
6 心が癒される、我が家の動物たち
7 今の仕事に導いてくれたのは、愛馬ラセット
8 ふだんでも聴こえる動物たちの声
9 迷子探しは、なかなか難しい
10 これまでのリーディング例(2)人と動物の心をつないで
11 いつまでも動物たちの役に立ちたい

内容紹介

テレビの動物バラエティ番組で、動物と“会話”するという信じ難い能力を発揮して、大注目を集めている米国人女性ハイジ。いったいなぜ、彼女は動物の気持ちが読めるのか? そもそも彼女は何者なの? 動物と話せるようになったのはいつから? 多くの人々の疑問や興味に、この本がまるごと応えます。生い立ちや私生活も含めて、これまでいっさい明かされなかったハイジのすべてが満載。次々に紹介される驚きの動物対話例など、 「不思議」と「感動」がぎっしり詰まった、興味尽きない一冊です。



虹の橋を渡った子たちからのメッセージを聞きたい。そんな方に向け、アニマルコミュニケーションを行っています。詳しくは以下のページで。

アニマル・コミュニケーション 受け付けについて





Share |