ペットの魂と十戒

 「犬の十戒」という作者不明の原文が英語の詩があります。とても有名で、ご存知の方も多いのでしょうか? ご存知ない方のためにここにも掲載させていただきます。

  1. 私の一生はだいたい10年から15年。あなたと離れるのが一番つらいことです。どうか、私と暮らす前にそのことを覚えておいて欲しい。
  2. あなたが私に何を求めているのか、私がそれを理解するまで待って欲しい。
  3. 私を信頼して欲しい、それが私の幸せなのだから。
  4. 私を長い間叱ったり、罰として閉じ込めたりしないで欲しい。あなたには他にやる事があって、楽しみがあって、友達もいるかもしれない。でも、私にはあなたしかいないから。
  5. 話しかけて欲しい。言葉は分からなくても、あなたの声は届いているから。
  6. あなたがどんな風に私に接したか、私はそれを全て覚えていることを知って欲しい。
  7. 私を殴ったり、いじめたりする前に覚えておいて欲しい。私は鋭い歯であなたを傷つけることができるにもかかわらず、あなたを傷つけないと決めていることを。
  8. 私が言うことを聞かないだとか、頑固だとか、怠けているからといって叱る前に、私が何かで苦しんでいないか考えて欲しい。もしかしたら、食事に問題があるかもしれないし、長い間日に照らされているかもしれない。それか、もう体が老いて、弱ってきているのかもしれないと。
  9. 私が年を取っても、私の世話をして欲しい。あなたもまた同じように年を取るのだから。
  10. 最後のその時まで一緒にいて欲しい。言わないで欲しい、「もう見てはいられない。」、「私ここにいたくない。」などと。あなたが隣にいてくれることが私を幸せにするのだから。忘れないで下さい、私はあなたを愛しています。
  1. My life is likely to last ten to fifteen years. Any separation from you will be painful for me. Remember that before you get along with me.
  2. Give me time to understand what you want of me.
  3. Place your trust in me- it's crucial to my Well-being.
  4. Don't be angry at me for long and don't lock me up as punishment. You have your work, your entertainment and your friends. I have only you.
  5. Talk to me. Even if I don't understand your words, I understand your voice when it's speaking to me.
  6. Be aware that however you treat me, I'll never forget it.
  7. Remember before you hit me that l have teeth that could easily crush the bones of your hand but that I choose not to bite you.
  8. Before you scold me for being uncooperative, obstinate, or lazy, ask yourself if something might be bothering me. Perhaps I'm not getting the right food or I've been out in the sun too long or my heart is getting old and weak.
  9. Take care of me when I get old ; you, too, will grow old.
  10. Go with me on difficult journeys. Never say, "I can't bear to watch it ." or " Let it happen in my absence." Everything is easier for me if you are there. Remember I love you.

 この中で、私たちがペットとの別れをどのように受け止めたらよいのか、ペットたちの立場から教えてくれている気がします。

1.「あなたと離れるのが一番つらいことです」。いつも自分と一緒にいることを願っていました。ほんの少し離れただけで帰宅した時の喜びようといったら信じられないぐらいおおはしゃぎをしていた事を思い出します。
 しかし、ペットが天国に旅立った後「離れてしまった。永遠の別れだ」と私たちが考えることがペットたちにとって一番辛いのではないでしょうか? 「たとえ天国に行こうとも私はあなたから離れることはない」そう思うことが天国に旅立ったペットたちへの愛情なのではないか。。。そんな気がします。

2.すでにお互いが理解をして素晴らしいパートナーとなっているはずです。しかし離れ離れになってしまってお互いの絆さえ感じることができないかもしれません。それでも天国から私たちが何を求めているのか理解しようとしてくれているとしたら・・・・
私たちが毎日悲しみ涙にくれていれば「もう会えないのか・・・・」と悲しませることになるでしょう。
「天国にいても私はあなたと一緒だから」という思いがあればそれを理解してくれたペットたちがどれだけ喜ぶことでしょう。
私もそうでした。「もう一度会いたい。もう一度抱きしめたい。でもできない。だから寂しくて苦しい」と。でも恭平はその私の思いを知って喜んだでしょうか? 今は恭平に「あなたは魂となって今も私の最高のパートナーだからね」と伝えています。

 3の信頼というのはペットたちと自分の間に生まれてから大きく育っているはずだと思います。それにどんな遠くへ行こうとも信頼はなくなるものではないはずです。「虹の橋」という詩をご存知の方も多いと思いますが、亡くなったペットの魂が、虹の橋のたもとで元の飼い主を待っている。そして飼い主がこの世を去った時、この虹の橋でペットと飼い主は再会し、共に虹の橋をわたって、天国へと入って行くという内容です。
ペットたちが私たちを信頼していてくれると思ったとき、「天国で飼い主がボクを待っている」と思ってくれている姿が想像できるのではないでしょうか。
同じように私たちはペットたちを信頼しなくてはいけません。姿が見えなくなったらなくなるものでもないでしょうし、もしそうなら信頼とは言えないのかもしれません。今も消えない信頼関係こそお互いの幸せなのでは、と思います。

 4もこころの深いところに響きます。あなたのペットがおもちゃで遊ぶ姿を見ると「楽しそうに遊んでいる姿を見ると私も幸せ!!!!!」と思うものです。その時ちらりちらりとあなたを見る視線に気づいたことはありませんか? ペットはおもちゃで遊ぶ時もあなたが一緒に楽しんでいるかを見ているのです。いつもあなたと楽しみ、あなたと一緒にいることが彼らの幸せであり、あなたしかいないのだ、と思える瞬間です。遠く離れたとしても”あなたしかいない”に違いありません。もし、自分が悲しみに暮れてペットたちに視線を送ることさえしなかったら。。。。。それはきっと長い間叱られるより寂しいことかもしれません。

 5.talk to me.この短い英語が好きです。私は昔から愛犬たちに話しかけていました。もちろん答えが言葉で帰ってくるわけでもないし期待をしていたのでもありません。話しかける癖のようなものです。けれど、話しかけたとき首をかしげる姿、目を丸くする表情、動き出すしっぽ、要求してもいないのにやる”お手”それら全てが声が届いている証拠だと感じます。たとえ遠く離れていても、あなたの声は届くはずです。天国にいるペットたちに笑い声を届けられたら、きっと彼らも尻尾を振って答えているはずです。

長い間ペットたちと過ごし、お互いを理解し、思いやりを持ち、素晴らしいパートナーとなった背後には6.7.8にあるようなことを経験してきていると思います。
自分が帰宅するとこれ以上振れないほど尻尾を振って喜ぶ姿、大好物のおやつを必死に嬉しそうに食べる姿、一緒にドライブへ行った時の楽しかった思い出などはもちろん、子供の頃に悩まされたやんちゃや、しつけの時に言う事を全く聞いてくれなかった経験など数えきれないほどの思い出があります。どれもこれも、あなたが思い出になっていることは同じようにペットたちも覚えているはずだと思います。その一つ一つが大きな絆となりかけがえのないパートナーになっていくために積み重ねたものなのでしょう。そこには一生懸命に相手を理解しようとする気持ちがあったからこそ、ふとしたしぐさや表情から言いたい事が伝わってきてそれが一層愛情を深めることにもなっていました。でもどうしてもわからないこともあります。
年を取った時一生懸命に介護をした人も若い年齢で病気の世話をした人もいるでしょう。そのとき

「何をしていいか分からなかった」

「あの時何を言いたかったのか今も分からない」

「本当に必要なことをしてあげられたのかと考えると苦しくなる」

「苦しませたのでは。。。。」

そして、「最後のそのときに一緒にいられなかった・・・・・」と、後悔を感じることもあるでしょう。

それでも「あなたが隣にいてくれることが私を幸せにする」のですからあなたの存在がどれほど安心感と幸せを与えたのだろうか、と思っても良いのではないでしょうか。何もできなくても、何を伝えたかったか分からなくても、何が必要だったのか分からなくても、あなたとの絆と愛情は永遠であるあずです。

この10の掟のなかで、一文だけ書き換えなくてはいけません。それは10の最後の一文の「Remenber I love you.」です。

「Remember I still love you.(忘れないでください。私は今もあなたのことを愛しています)」

 

ペットへの返事はこれし思いつきません。

「I will always love you....」(私はこれからもずっとあなたを愛するでしょう。。。。)

 

 

     Nex → 体験談

BookBook〜
「犬の十戒」がもとになった小説が「犬と私の10の約束」 。2008年3月映画された。


著書(左)、DVD(右)

映画の方の出演、監督はいかのとおり
出演: 田中麗奈, 加瀬亮, 福田麻由子, 池脇千鶴, 布施明
 監督: 本木克英

内容紹介
知っていますか?犬たちのほんとの気持ち― 世界中が涙した短編詩「犬の10戒」から生まれた、犬と少女の成長と絆を描く大ヒット感動作
!【ストーリー】 北海道・函館で暮らす14歳の少女・あかりの家に一匹の子犬がやってきた。前足の片足だけが靴下をはいたように白いゴールデン・レトリーバーに、あかりは”ソックス”と名付けた。母はあかりに、犬を飼うときには、犬と「10の約束」をしなければならないと教えてくれた。その約束を交わした瞬間から、あかりとソックスは一緒に大人への道を歩き始める。 母の急死、父の突然の辞職、初恋、憧れの仕事、初めての一人暮らし、恋人の事故・・・あかりの人生を揺さぶる、さまざまな出来事。どんな時も、ずっとそばにいて励ましてくれたのはソックスだった…。 知っていますか?犬たちのほんとの気持ち―




***
虹の橋を渡った子たちからのメッセージを聞きたい。そんな方に向け、アニマルコミュニケーションを行っています。詳しくは以下のページで。

アニマル・コミュニケーション 受け付けについて


Share |